妊活と仕事!不妊治療と仕事は両立出来ないのか?

妊活


仕事をしながら妊活をしている人は、私もそうですが、たくさんいることと思います

妊活でも基礎体温をつけタイミングを取ったり、体調を整えるなど自分でする分には良いのですが、病院へ行くようにすると急に妊活が難しくなってきますよね

仕方のないことですが、平日の夕方からや、お休みの日に開いている病院が本当に少ないと思います

最近は『妊活』という言葉が普通になりつつありますが、職場で理解を求めるのはまだまだ難しいところが多いのではないでしょうか?

また、デリケートな問題でもあるため職場の人達にオープンにしてしまうこともためらわれます

仕事と不妊治療の両立が難しいなぁと感じています

スポンサーリンク

妊娠と仕事、両方は欲張りか?

仕事か?子供か?

その両方が欲しくて悩む女性は多いようです

仕事が上手くいき楽しくなってくると、同じ時期に結婚や妊娠のチャンスがきたりします

子供が欲しいのなら、仕事は諦めるべき!と考える人もいるかもしれません

私は今、不妊治療の出来る病院の空きを待っている状態で、数少ない病院の中から仕事と両立出来そうな病院を選びました

やはり平日の昼間に行ける人の方が順番は巡ってきやすいようで、子供も仕事も両方なんて望み過ぎているのだろうか?と感じる時があります

しかし、妊娠を望んだとしてすぐに授かれるかというと、そうでもなく妊娠するまではキッチリ仕事をしたいとも思います

仕事の必要性


仕事が身体的にも精神的にも負担になることがあり、そういう時期に『こんなにストレスを感じていて妊娠できるわけない』と思う時もあります

妊活の為に仕事をセーブしたり、辞める方もいらっしゃると思います

生活面や不妊治療にかかる費用など、仕事をしなくてもまかなえるのであれば辞めてしまうのも有りだと思います

むしろ妊活を考えるのであれば病院の都合やストレス面で辞めた方が早く妊娠できるのかもしれません

しかし、逆に生活のためや不妊治療のために辞めたくても辞めれない、辞めたくない人もいます

私も仕事は好きでやっていますが、大半は生活のためと、同居のストレスを溜めないようにです

仕事は負担になることもありますが、なくてはならないくらい必要なものでもあります

自分の出来る範囲で頑張るしかない

仕事を辞めたり、セーブしながら妊活に専念している人に比べてたら全くなのかもしれませんが、仕事をしながらも妊活は出来るものだと思います

今、不妊治療のできる病院の順番待ち中ですが、平日の夕方と休日は1番予約が取れないそうです

それは、仕事をしながら子供を待ち望んでいる人が多いということでもあります

仕事との兼ね合いもありますが、期間を区切って妊活に専念する時間を作ったり、家族に協力してもらいプライベート側で時間を作るなど、自分に出来る範囲で頑張っていくしかないと思います

妊活と仕事をしていると、どちらかが負担になることが多いです

気持ちの面でも前向きに考えていけるようになりたいものですね

読んでいただき、ありがとうございます

妊活 妊活日和
スポンサーリンク
chii

40歳で2人目不妊で本格的に不妊治療を開始しました。
「子供が欲しい」「出来ない」の狭間でようやく年齢的に遅いスタートを切りました。
治療の様子や過程、思いを綴っていきます。

chiiをフォローする
chiiをフォローする
アラフォーの不妊治療

コメント