40歳で体外受精を考えるには遅過ぎる?ステップアップに二の足を踏む

体外受精

タイミング法からAIHを経て、先日の卵胞チェックの際、今後の方針を先生と話してきました

そろそろ次のステップへの話が出る頃かなと思っていましたが、案の定『体外受精』はするのか聞かれました

夫と話さなければと思っていた矢先の事なので、とりあえず言葉を濁し体外受精への手順を確認してきました

最近は年齢が高い方でも不妊治療で妊娠出来た等の話を聞き希望が持てますよね

しかし、実際は年齢が高くなって妊娠が出来た人はほんの一部で、多くの人が悔しい思いをしているのだと思います

ステップアップするのであれば、なるべく早く進むべきですよね

スポンサーリンク

不妊治療は何でも早目が良い

不妊治療を始める前の私の体外受精のイメージは、年齢が高くなった人がするものだと思っていました

1人目が欲しくて妊活を始めた頃は、体外受精なんて若いからまだまだ、、、なんて考えていました

妊娠は若い人の方がしやすいように、体外受精も若いからこそ成功率は高くなるし、年齢が高くなれば何をしても確率は低くなります

若いうちに受けていれば成果が出たかもしれない治療も、年齢が高くなったせいで妊娠出来ないこともあるそうです

私の通っているクリニックは、治療内容によって先生が違っています

体外受精を担当している先生の患者さんが若い方も含め圧倒的に多いように感じます

40歳を過ぎている私なんて悩んでる暇があったら、さっさと進めって感じなんでしょうね

ステップアップを考えてしまう理由

私のように年齢のことは十分に理解していても、体外受精へのステップアップに対しハードルが高く感じる人は多いのではないでしょうか

これまで以上に不妊治療に費やす時間が多くなれば、仕事との兼ね合いが難しくなるかもしれません

それに体外受精で何より1番に現実的に考えることは金額の面で、AIHとは比べ物にならないくらい高くなります

ぐだぐだ私が考えていることは、当然私だけでなく夫も感じているはずです

私が体外受精をする!と決めた時、夫が同じ考えでなかった場合に説得をしなければならない労力まで考えてしまいます

我が家の場合、不妊治療は私主体なのですが、時々誰かが背中を押してくれたら、、、と思います

答えは出ている!?

結局のところ、最終的には子供が欲しいか?そうでもないのか?だと思います

妊活を始めて4年も妊娠できずにいます

ステップアップをせず今の状態で、これから先妊娠できる可能性はほぼないと思っています

『体外受精をするかしないか』は、そのまま『子供を諦めるかどうか』につながります

『そこまでして子供が欲しいのか?』の問いに、何と答えるかに尽きるのかもしれません

とりあえず、夫と体外受精の説明会へ行けるようにしようと思います

読んでいただき、ありがとうございます

体外受精 妊活 病院
スポンサーリンク
chii

40歳で2人目不妊で本格的に不妊治療を開始しました。
「子供が欲しい」「出来ない」の狭間でようやく年齢的に遅いスタートを切りました。
治療の様子や過程、思いを綴っていきます。

chiiをフォローする
chiiをフォローする
アラフォーの不妊治療

コメント