人工授精(AIH)と精液検査!結果が出る前に期待しなくなった理由

人工授精

不妊治療をしていると『人工授精』はよく聞く言葉で、内容もほとんどの人が知っているものです

しかし、妊活なんてしたこともない人にしてみれば人工授精も体外授精も大して変わらないんじゃない?なんて人もいます

私も最初は違いが分かりませんでしたが、知ってみれば全然違うものだし、『人工』とは付きますが自然妊娠とあまり変わりません

それでもやはり、不妊治療のステップアップには悩む人も多いです

我が家も夫があまり良い顔をしていませんでしたが、先日初めての人工授精をしてきました

・不妊治療に対する温度差!夫はステップアップに反対!?

スポンサーリンク

人工授精(AIH)とは

人工授精とは、排卵日に合わせて精子を直接、子宮腔内へ注入する不妊治療法のことです

インポテンツや仕事の都合で夫婦でタイミングが取れない

男性の精液検査の検査に問題があり、精子の数が少ない場合や、運動率が低い場合など

女性に頚管炎や、びらんがある、フーナー検査(性交後検査)が不良、精子に対して抗体が出来ているなど、精子が子宮腔内へ侵入しにくい場合

一般的な不妊検査では異常はないのに、治療をしても妊娠しない場合

不妊治療をしているクリニックでは、タイミング法を何度もしている場合、人工授精へステップアップを勧めるところが多いようです

人工授精は、良い精子のみを回収する精液の処理をしますが、子宮腔内へ注入後の受精・着床後は自然妊娠と同じです

費用は保険がきかないので高くなり1〜3万円くらいです

タイミング法と変わらない人工授精

クリニックや個人の治療法にもよるのかもしれませんが、私の場合はタイミング法と大して変わりませんでした

いつもの卵胞チェック、排卵済みチェックの通院日程に、人工授精をする1日が増えただけでした

夫にとっては、カップに精液を採取しなければならないので普段と違っていたかもしれません

少々申し訳なさを感じ、落ち着いて出来るように自宅で採取しクリニックへ持って行きました

人工授精自体は、多少痛みはありましたが我慢出来る範囲です

処置後は5分ほど安静にして終了です

精液検査の結果

人工授精の際、私が行っているクリニックでは精液検査をしてくれます

不妊治療を始めてから女性が検査をするように男性も精液検査をするものですが、我が家は数年前にしていたのでしていませんでした

その時の結果は悪くなかったのを覚えていますが、今回は年齢も重ね以前よりは悪くなっていても仕方ないと思っていました

ところが、数、濃度、運動率など、どれを取っても正常値よりはるかに良い結果でした

数に関しては、クリニックの先生がたまに出会えるという良い数値を越えていました

夫には全く問題が無いことは嬉しいことですが、不妊治療の原因を考えると微妙な気持ちになりますね

ステップアップしても期待出来ない理由

ステップアップで人工授精をしたので当然期待したい気持ちもありますが、あまり結果を期待しないようにしています

夫にも私にも明らかな問題が無い以上、我が家の不妊は私の卵子の質ということになります

むしろ夫の検査結果が良かった分、人工授精をしたからといって確率が上がるとも思えないからです

授かれたとしても、たまたま質の良い卵子だったのだろうと思います

あまり過剰に期待をせずに待ちたいと思います

読んでいただき、ありがとうございます

人工授精 妊活 病院
スポンサーリンク
chii

40歳で2人目不妊で本格的に不妊治療を開始しました。
「子供が欲しい」「出来ない」の狭間でようやく年齢的に遅いスタートを切りました。
治療の様子や過程、思いを綴っていきます。

chiiをフォローする
chiiをフォローする
アラフォーの不妊治療

コメント