不妊治療のステップアップと夫の気持ち!我が家の体外受精の受け入れ方

妊活

先日、不妊治療専門のクリニックへ行き、今後の流れを説明されたので夫にそのまま説明しました

女性に比べると男性は人工受精や体外受精に抵抗がある人が多いようですね

説明をしていると、体外受精の話をした瞬間から夫は無言になってしまい話を続けることが出来ませんでした

ステップアップしないのなら不妊治療専門のクリニックに行く意味が無いですよね

必要な時がきたら先生にも説明してもらいながら少しずつ理解してもらおうと思っていましたが、その必要もなく夫から体外受精もOKという返事を貰いました

スポンサーリンク

病院は必要ないと思っている男性が多い

2人目が欲しいと思った時から私は病院へ行くことを考えていましたが『行かなくても平気じゃない?』と夫は言っていました

我が家に限って子供が出来ないなんてことはない

1人いるし、2人目もすぐ出来るはず

女性よりも男性の方が軽く考えがちですよね

男性によっては、自分が男性不妊だったら?と不安に思っている方や、他人の力を借りないと子供も作れないのか?などプライドが関係して病院へ行くことやステップアップに躊躇してしまうように思います

また、治療をしなくても授かれるんじゃないかと思っているうちは、治療にかける高額な費用も戸惑う理由のひとつかもしれません

相手の気持ちを聞き入れる

妊活をしている夫婦で、妊娠できるタイムリミットに対する焦りや不安を感じるのは女性側が多いですよね

不妊治療の負担も圧倒的に女性側が大きいし、その分知識も増えていきます

夫がステップアップをためらっていると、子供を授かるためには必要なことなのに、どうして分かってくれないのだろう?なんて思えてきたりします

しかし、夫にも希望や不安があり、それを無視して一方的に自分の考えだけを言ってしまうと、我が家のように『夫が無言になり話が続けれない』なんてことになってしまうのかもしれません

治療の内容や状態によっては自尊心を傷つけてしまいそうな繊細な話題にもなります

お互いの不安や悩みを解消しつつ夫婦で方向性を決めていきたいものですね

夫の考え

我が家の体外受精の話は途中で打ち切られた状態になっていましたが、話が進んだのは私の保険の切り替えを検討している時でした

保険の切り替えで返戻金があり、その金額がほぼ体外受精の1回分の額でした

夫は次の保険の支払いに充てようと思っていたらしく『私が体外受精にまわそうよ』と言うとすごく驚いていました

我が家は年齢が高いというのもあり、タイミングもAIHも2回で、半年後には体外受精をするかどうかを決めなければなりません

夫は『なるべくなら体外受精はしなくて済ませたい』と言いましたが、当然私もそうです

体外受精をしなくて済むのならその方が良いけどダメな時は少なくとも1回は出来るでしょ?と言う私の言葉に納得したようです

夫としては、やはり体外受精には抵抗があるのと、治療費が高額だというのが悩みどころだったようです

一緒に頑張れることが嬉しい

夫婦で同じ方向を見ることが出来るって嬉しいですね

元々は体外受精をどうするか、きちんと話をする時間を設けないといけないと思っていましたが、実際は保険の切り替えの最中で回りに人がたくさんいる場所でした

話しにくいと思いつつ話を出したのは私ですが、意外にも夫は普通に話してくれました

夫にとっては、あらたまった堅い空気より軽くサラッと話したのが良かったのかもしれません

話す内容が内容なだけに、私が気を遣い過ぎていたようです

夫が体外受精も念頭に入れて前向きに考えてくれていることが分かって、すごく晴れやかな気分になりました

読んでいただき、ありがとうございます

妊活 妊活日和
スポンサーリンク
chii

40歳で2人目不妊で本格的に不妊治療を開始しました。
「子供が欲しい」「出来ない」の狭間でようやく年齢的に遅いスタートを切りました。
治療の様子や過程、思いを綴っていきます。

chiiをフォローする
chiiをフォローする
アラフォーの不妊治療

コメント