妊活と夫。非協力的な夫の行動に苛立ちを感じた時の気持ちの持ち方

妊活

妊活を続けていく上で旦那様の協力ってすごく大事ですよね

子供は夫婦でつくるものだといいますが、妊活をしていると、それをより強く感じるものではないでしょうか

しかし、妻側にしてみると夫が子作りに協力してくれない、気持ちを分かってくれないなど旦那様の非協力的な態度に不満を持つ方が多いようです

私も妊活を始めて4年になろうとしていますが、夫の『子供が欲しい』と言うくせに行動が伴っていないことに何度イライラしたか分かりません

協力をすると言いつつそうでもないので余計に悲しくなります

スポンサーリンク

不満がつのる夫の行動

妻が子供を望んでいるから叶えてあげたいという男性は多いようです

『妻のために』と言われるがまま受動的であれば夫の態度が変わらないのも分かるのですが、我が家で2人目を強く望んでいるのは夫の方です

私も子供が欲しいと思っていますが、私以上に2人目が欲しいと思っているようです

しかし、私が排卵検査薬を使いながらタイミングの時期にスキンシップを取っても気付いててくれません

タイミングの日を伝えていても忘れられていたり飲酒して寝られたこともあります

妊活をしている以上は、数少ないチャンスを逃したくないし、可能性のある時はタイミングを取っておきたいと思いますよね

自分はあれこれ悩みながらタイミングの日を計っているのに、夫が協力的じゃない

悔しさや悲しさ、苛立ち、いろいろな気持ちが混ざって、1人で泣いたことが何度もありました

妊活の主役は女性

妊娠、出産は女性がメインになるので、男性はどこか理解し難い部分なのかもしれません

女性は嫌でも毎月生理によって身体のサイクルを知ることになります

生理がくればガッカリしたり、悲しくなったり、妊活の再スタートを考えたりします

しかし、妻の生理周期を把握している旦那様は少ないし、妊活が上手くいかなかったことを一緒に悲しんでくれる人はほとんどいないのではないでしょうか

実際に子供を授かるのも女性なので、男性とは妊娠へ対する気持ちの持ち方が違うのかもしれません

妊娠はタイミング!ガチガチのスケジュールは必要ない!?

旦那様がタイミングを合わせてくれないと、凄くガッカリするものですが、排卵日というのは曖昧で確実に分かる方法はありません

私は排卵検査薬を使いながら一喜一憂することが多かったですが、クリニックの先生に排卵検査薬を使ってタイミングを合わせていたと伝えると先生に鼻で笑われました

先生でも卵胞チェックは悩みながらタイミングの日を決めるのに排卵検査薬なんてアテにならないだそうです

確実に排卵の前からタイミングを取っていくしかないようで、排卵検査薬や卵胞チェックで1日ズレたからといってダメだなんて誰にも分からないんですよね

娘を授かった時、卵胞チェックをしてくれた先生がボソボソ話す人で日にちがよく分かりませんでした

先生の言った日を挟むのか?その日にタイミングを取るのか分からず、妊娠出来たから合っていたと思っていましたが、後日先生と話したらズレていました

全くタイミングが取れなかった周期は諦めるしかありませんが、自分の思うタイミング日と多少ずれていても『何があるか分からない』と気楽な気持ちで頑張っていきたいですね

子供の前に夫婦関係

タイミングを合わせてくれないと腹が立って『もういい今回出来なかったのは旦那のせいだ』と、タイミング以外の日のお誘いを断りたくなります

協力してくれない旦那様に意地悪な気持ちになるのは私だけではなく、意外と多いのではないでしょうか

夫の行動に苛立ちを感じる時は、妊娠出来ないことに自分が焦りを感じている時が多いと思います

旦那様とは時々きちんと話す必要もありますが、協力してくれなくても悪気が無いことが多く、カリカリするだけ雰囲気も悪くなり悪循環となります

私は『子供が欲しい』の前に『夫の子供が欲しい』なので、夫婦関係が壊れてしまうと意味がありません

夫婦仲良く、そこに子供がきてくれたら良いなと思います

読んでいただき、ありがとうございます

妊活 妊活日和
スポンサーリンク
chii

40歳で2人目不妊で本格的に不妊治療を開始しました。
「子供が欲しい」「出来ない」の狭間でようやく年齢的に遅いスタートを切りました。
治療の様子や過程、思いを綴っていきます。

chiiをフォローする
chiiをフォローする
アラフォーの不妊治療

コメント